thunglung

最近気になるシステム監査

ットフォーム化推進協議会」を発足

【 公認会計士ナビ 】4監査法人が「残高確認システム共同プラットフォーム化推進協議会」を発足:PwCあらた監査法人【PR】 監査法人が「残高確認システム共同プラットフォーム化推進協議会」を発足:PwCあらた監査法人【PR】

【 CFO Library コラム 】4 監査法人が「残高確認システム共同プラットフォーム化推進協議会」を発足 システム監査基準

システム監査この技術は国によって排除することは不可能なのです。なぜならシステムのコアが世界中に分散していて、各々が監査役、中央集権的な役割を果たすからです。

第13問の正解はエでした。システム監査は、監査対象から独立した監査人が、情報システムを信頼性、安全性及び効率性の観点から総合的に点検・評価し、関係者に助言・勧告するものです。第三者が行うのが大事! 情報処理選手権 ITクイズ ():システム監査

システム監査とは,情報システムのリスクに対するコントロールが適切に整備・運用されているかを,監査対象から独立した第三者が評価することです。この技術は国によって排除することは不可能なのです。なぜならシステムのコアが世界中に分散していて、各々が監査役、中央集権的な役割を果たすからです。

システム監査報告書・・・「システムの信頼性、安全性、効率性に関する評価」「指摘事項(問題点)」「改善勧告及び改善案」を記載 システム監査基準/システム管理基準:システム監査に関するガイドライン

システム監査・・・組織体の情報システムを独立した専門的な立場から検証または評価すること。システム監査人は守秘義務を負う“システム監査基準”におけるシステム監査業務の品質管理の主な目的はどれか。

イ 詳細は⬇︎

ブロックチェーン技術は国によって排除することは不可能なのです。なぜならシステムのコアが世界中に分散していて、各々が監査役、中央集権的な役割を果たすからです。【NEWS】4監査法人が「残高確認システム共同プラ



it 監査


医療情報システム監査人試験制度制度の概要